[update:180519]Blenderで裏面ポリゴンによるエッジ(輪郭線)を付けるアドオン Add reNormal Line

2018.05.19: 0.16版を更新しました。輪郭線の太さ初期値と変更ステップ間隔を小さく変更

アドオンについて

以前にテクさん(@che_teku)が公開されていたBlenderでMMDライクなエッジ(輪郭線)を簡単に設定できる Add reNormal Lineアドオンが公開されていました。

MMDではエッジと呼ばれています。

久しぶりにアドオンを使ってみたところ、blenderのバージョンアップでエラーが出ていましたので修正しました。

テクさんにお伺いしたところ、現在は配布されておらず、こちらで再配布の許可をいただけましたので、再配布させていただきます。

blenderにはすでに、レンダリングで表示できる独自のエッジ機能やfreestyleがありますが、これからweb3dやゲームなどそのままポリゴンを利用する需要もあるかと思います。

blender2.74以降で動作を確認済みです。

 

使い方

SnapCrab_NoName_2018-5-19_23-15-42_No-00

 

Size:輪郭線の太さ

Add:輪郭線を追加

Delete:輪郭線を削除

hide toggle:輪郭線の表示/非表示切り替え

render toggle:レンダリングでの表示/非表示切り替え(デフォルトでOFF)

shading:
Texture Solid:Texture SolidのON/OFF
Backface Culling:Backface CullingのON/OFF

 

レンダリングするとこんな感じでfreestyleとはまた違った味わいです。

test_renormal

ダウンロード

記事が役に立ったらフォローもよろしくおねがいします

Twitterでもちょっとした役立ちTIPSをつぶやいてます。

addonカテゴリの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen + nine =