ローポリモデリングやリトポでメッシュを綺麗に見せる小技

3Dモデリングでローポリの輪郭をきれいに見せる小技的です。

キャラクタをローポリでつくるときやリトポロジの際に、なるべく四角ポリゴンでトポロジをするように心がけていたのですが、ローポリモデリングをする場合にはいかに効率的なトポロジをするかが重要なので、四角と三角のポリゴンをうまく使い分ける必要があります。

下記のように四角ポリゴンだけでは輪郭線などを斜めから見たときにへこんだ部分が発生する場合があります。

mesh00

 

この場合に、わざと四角ポリゴンを輪郭の流れに沿ってナイフツールで三角形に直すことで輪郭の流れを綺麗にすることができます。

mesh02

 

 

 

 

 

 

 

記事が役に立ったらフォローもよろしくおねがいします

Twitterでもちょっとした役立ちTIPSをつぶやいてます。

Blogカテゴリの記事

Modelingカテゴリの記事

Tutorialカテゴリの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × three =