Blender2.8 不要なマテリアルの削除方法

不要なマテリアルの削除方法です。

前提として削除したいマテリアルがどのオブジェクトにも使用されていないことです。どこにも使用されていないオブジェクトはマテリアルリストを表示した時にマテリアル名の左側に0と表示されます。

マテリアルの削除はアウトラインエディタのOrphan Data(孤立データ)から行います。
Orphan DataのMaterialsに使われていないマテリアルが表示されます。

右クリックするとメニューが表示されるので、Delete(削除)を選択します。

 

Blender2.8カテゴリの記事

Tipsカテゴリの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − 19 =