Blenderでメッシュに変な影ができるとき

BlenderでオブジェクトにShade Smoothをしているのに、モデリング中に変な影ができてしまう時がありますが、そんな時のチェックポイントです。

面や頂点が重なっている

間違って押し出してそのままになってしまった面や点が重なってしまっていると、その部分に影ができます。Merge Vertices > By Distance で重なっている頂点を削除してみましょう。

面の法線が裏返っている

知らない間に面の法線が裏返ってしまっている場合があります。法線の向きはViewport OverlaysのNormalのオプションで確認できます。裏返ってしまった法線を選択してAlt+Nを押してFlipを押すか、面を全部を選択Aして、Alt+NからRecalculate Outsideをしてみましょう。

Auto Smoothをかけて調整してみる

重なる頂点がなく、法線も正しい場合は、面を構成するポリゴンの角度が急なために影が出てしまっています。

そんな場合はオブジェクトを選択して、Object Data Properties タブにある NormalオプションのAuto SmoothをONにしてAngleの角度を調整してみましょう。値を大きくするほど、角度が急でもなめらかな表示になります。

 

 

Tipsカテゴリの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 + 9 =