Blenderで簡単にRigid Body(剛体)とConstraint(ジョイント)を設定できるaddon。Rigid Body Generator(β)をリリース

このアドオンはアーマチュアのボーンをベースにRigid Body(剛体)とConstraint(ジョイント)を簡単に設定できるアドオンです。

You Can Add Rigid bones and Joints on selected bones easily.

 

剛体といえばMMDユーザーの方であればわかりやすいかもしれません。MMD Editorの剛体設定やジョイント追加のメニューが大変便利だと思いましたので、Blender版を作成してみました。すこしだけ踏み込んで、1クリックで剛体とジョイントとそのルートにあたるボーンに対して、PASSIVEな剛体を設置するようにしています。(オプションで外せます。)

下記動画で説明していますが、ほとんど1クリックで揺れものなどの剛体を設置でき、また衝突のための剛体も設定できます。
もちろん、形などの設定もアニメーションを確認しながらの編集が可能です。

 

説明動画はこちら

 

ダウンロードソースと説明詳細は下記です。

https://github.com/12funkeys/rigid_bodys_gen

 

PMXへのエクスポートについて

追記:2018年4月16日

こちらのアドオンで設定した剛体とコンストレイントは、suwatohさんのPMXエクスポーターでエクスポートできることを確認しました。なおPMXエディターで一度開いて非衝突グループの設定をする必要があります。

http://ch.nicovideo.jp/suwatoh/blomaga/ar873732

SnapCrab_NoName_2018-4-16_10-31-47_No-00

 

 

KeyError: ‘bpy_prop_collection[key]: key “Damped Track” not found’への対応方法

2019年11月12日追記:

KeyError: ‘bpy_prop_collection[key]: key “Damped Track” not found’とエラーが出てしまう場合は、ユーザー設定のローカライズ→新規データの新規データのチェックを外してください。

情報元:(しののつねきち様ありがとうございます。)
https://ch.nicovideo.jp/xian_long-er/blomaga/ar1231499

アドオンによって新規の剛体オブジェクトが生成される際にオブジェクト名が自動で日本語に翻訳されてしまっていたことが原因のようです。

 

記事が役に立ったらフォローもよろしくおねがいします

Twitterでもちょっとした役立ちTIPSをつぶやいてます。

addonカテゴリの記事

2 thoughts on “Blenderで簡単にRigid Body(剛体)とConstraint(ジョイント)を設定できるaddon。Rigid Body Generator(β)をリリース

  • 2016年9月22日 at 2:49 PM
    Permalink

    Blenderで簡単にRigid Body(剛体)とConstraint(ジョイント)を設定できるaddon。Rigid Body Generator(β)をリリース https://t.co/7fdhX6gTnT @12funkeysさんから

    Reply
  • 2016年11月7日 at 5:37 PM
    Permalink

    @acvd_sureon メッシュコリジョンとかクロスは無理だけどBlenderにもプリミティブ形状剛体でアニメーションする機能がある。簡単なのならそれで済むしね あとこのアドオンも良さそうという話 https://t.co/nbE6vYULJu

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − three =