Blender2.8の視点とカメラ操作のおすすめ設定

Blenderのカメラ操作は初心者にはとっつきにくいと思います。
Blender2.8での視点操作とカメラ操作について説明します。

Blenderでは視点が3D View上での通常の視点(説明上以降は「ビュー視点」)とカメラからみたレンダリング結果となる視点(カメラ視点)があります。

視点操作するうえでのおすすめプレファレンス設定

プレファレンスで下記の設定をONにしてください。

Navigationメニュー内の

Orbit & pan > Orbit Around Selection

Orbit & pan > Auto Depth

Zoom > Zoom to Mouse Position

ビュー視点での操作方法

基本的な操作は下記です。ほかにも隠しコマンドみたいな操作もありますが、取り急ぎ下記だけ覚えておけばOKです。

Rotation(回転) マウスセンターボタンドラッグ

ZOOM(ズームイン・アウト) Ctrl+マウスセンターボタンドラッグ、または マウスセンターホイール(スムーズ)

PAN(上下左右の移動) Shift + マウスセンターボタンドラッグ

 

カメラ視点での操作方法

カメラ視点にするにはテンキーの0(ゼロ)を押します。または下記のアイコンをクリックすると切り替えができます。

カメラ視点での操作方法がデフォルトでは難しく、Walk Mode(Fly Mode)Ctrl+`という操作があるのですが、使いづらいので私は使ってません。
基本的には下記のオプションを設定することでビュー視点と同様の操作ができます。

ツールバーのViewタブ>View> View Lock 内の

Lock Camera to View をONにします。

そうするとカメラの挙動がビュー視点と同様に操作できるようになります。

時々カメラの外枠が編集画面からはみ出したりするため、外枠をビュー内に調整する場合のみLock Camera to ViewをOFFにしたりします。

 

おまけ:ZOOM Methodオプションの違い

プレファレンスのZoom Methodのオプション、Continue、Dolly、Scaleと設定があり何が違うのかという話ですが、Ctrl+センターマウスボタンドラッグでの操作感の違いです。
センターホイールを回してのZOOMには影響がありません。

Continue ドラッグしている間ずっとZOOM し続ける。

Dolly 画面内のドラッグの距離に応じてZOOMする

Scale 画面の真ん中を基準として外側にドラッグするほどZOOM OUTする。画面真ん中にドラッグするとZOOM INする

という感じです。

 

Blender2.8カテゴリの記事

Tipsカテゴリの記事

Tutorialカテゴリの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − 12 =