Blender2.8 eevee トゥーンシェーダーでセルルックをつくる

Blender 2.8のeeveeでトーンシェーダーでセルルックを表現する方法です。

 

Blender2.8ではシェーダーでノードをつないでマテリアルを設定します。

マテリアルを設定するオブジェクトを選択して下記のようにノードをつなぎます。
Shader to RGBColorRampはConvertorのカテゴリにあります。ColorRampの項目をConstantに設定します。
ColorRampで肌色と陰色、影色をつけます。

 

この時点で陰の境界線にジャギーが出てしまう場合があります。

 

その場合はライトの設定のshadowを切ると綺麗になります。

ジャギーがなくなりました。

 

ライトの向きや位置で陰影の出方が変わります。
また、ライトの種類によっても陰影の出方が違うのでお好みで試してみましょう。

 

 

Freestyleで輪郭線もつけるとさらにアニメっぽくなります。

 

髪の陰などを落としたい場合は逆に、ライトのShadowをONにします。

しかし、顔落ちた影がジャギーになってしまう場合があります。

その場合はRender設定タブのShadows項目のCube Sizeを高くします。また、Soft ShadowsはOFFにします。

ジャギーがなくなり綺麗に影が落ちました。

Blender2.8カテゴリの記事

Tutorialカテゴリの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six + seventeen =