Blenderでリトポロジーの時に効率が上がるスナップ機能の便利な小技

この小技で便利なところは、押し出しEしたりループカットしたりして、複数の頂点ができた直後にGを押すと、新規でできた頂点がハイポリゴンのメッシュにいい感じにスナップしてくれるところです。

下記のような感じです。

やり方

手順1 ハイポリゴンモデルとローポリ用のオブジェクトを用意します。

手順2 ローポリ用のオブジェクトを選択して編集モードtabにして、頂点選択モード1キーにする

手順3 スナップ機能をオンにします。さらに下記の図のようにオプションを設定します。

  • スナップをON
  • スナップ先を面Face
  • project individual ElementsONにする

手順4 押し出しEループカットCtrl+R後にG移動を押してマウスは動かさずにすぐ右クリックで確定する。

 

project individual Elements のオプションは頂点の移動や押し出しで複数の頂点をスナップしてくれるので便利です。ループカット直後はproject individual Elements が動作しないので、移動Gを押してそのまま再度右クリックで確定すると頂点が面にスナップしてくれます。

これでリトポロジー系のアドオンなどがない場合でもかなり早くリトポロジーができるようになりますので、試してみてください。

Blender2.8カテゴリの記事

Blogカテゴリの記事

Modelingカテゴリの記事

Tipsカテゴリの記事

Tutorialカテゴリの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − fourteen =